2016年8月20日土曜日

創刊して丸5年経ちました

2011年に創刊をした「ココロエ愛媛」、あっという間に丸5年経ちました。

発刊当初は、事業としていつまで続けられるのかという悩みもありましたが、少しずつ知名度も上がってきて、5年間継続することが出来ました。

中学校で読者になってくれていた子どもたちが高校生になって、進学先で又読者になってくれる、高校生の読者が大学生になり、就職の面接時に読んでましたと言ってくれたり、社会人になって就職先で読者になってくれたり・・・。5年継続したことにより、繋がってきたことが多々あります。

少しずつでも愛媛の子どもたちに、仕事のやりがいを伝え、将来について考えるきっかけとなれたのなら、こんなに嬉しいことはありません。

又、紙面だけでなく、最近ではココロエ愛媛を使った授業をして欲しいという依頼を学校からいただいたりとか、地元CATVさんとコラボ企画がスタートしたりとか、当初思い描いていた、愛媛の子どもたちと地元企業を繋ぐプラットフォームになったらいいな、という夢に近づいている実感もあります。

まだまだ、知名度が十分でない「ココロエ愛媛」ですが、末永く継続出来るように更なる努力をして参ります。
引き続きご支援、ご指導を宜しくお願いいたします。

ココロエ愛媛制作委員会 ハラ

2016年8月8日月曜日

No.18 cocoroe books 当選者

この度は、アンケートにお答えいただきありがとうございました。
抽選の結果、18号のプレゼントの当選者が決まりました。
おめでとうございます。
近日中に、本や文房具をお送りいたしますので、あなたの将来のために役立てて下さい。

No.1 今治市 藤本さん
No.2 松山市 末光さん
No.3 八幡浜市 大下さん
No.4 今治市 桑村さん
No.5 松山市 渡邉さん
No.6 越智郡 沢村さん
No.7 伊予市 坪内さん
No.8 大洲市 宇都宮さん
No.9 松山市 松本さん
No.10 今治市 眞部さん
No.11 松山市 野嶌さん
No.12 大洲市 渡辺さん
No.13 四国中央市 合田さん
No.14 新居浜市 三谷さん
N0.15 北宇和郡 池田さん

2016年4月11日月曜日

No.17 cocoroe books 当選者

この度は、アンケートにお答えいただきありがとうございました。
抽選の結果、17号のプレゼントの当選者が決まりました。
おめでとうございます。
近日中に、本や文房具をお送りいたしますので、あなたの将来のために役立てて下さい。

No.1 今治市 日野さん
No.2 大洲市 島田さん
No.3 西宇和郡 井村さん
No.4 新居浜市 村松さん
No.5 松山市 嶋矢さん
No.6 新居浜市 白石さん
No.7 松山市 徳永さん
No.8 松山市 平井さん
No.9 新居浜市 山崎さん
No.10 北宇和郡 山口さん
No.10 西予市 上杉さん
No.11 八幡浜市 石田さん
No.12 新居浜市 井上さん
No.13 松山市 山下さん
No.14 八幡浜市 森岡さん
N0.15 今治市 若田さん

2015年12月7日月曜日

No.16 cocoroe books 当選者

この度は、アンケートにお答えいただきありがとうございました。
抽選の結果、16号のプレゼントの当選者が決まりました。
おめでとうございます。
本日、本や文房具をお送りいたしましたので、あなたの将来のために役立てて下さい。

No.1 松山市 乗松さん
No.2 新居浜市 鈴木さん
No.2 松山市 石田さん
No.2 松山市 松山さん
No.3 松山市 松野さん
No.4 東温市 川向さん
No.5 西宇和郡伊方町 井上さん
No.6 松山市 久保田さん
No.7 伊予市 坪内さん
No.8 西条市 加藤さん
No.9 四国中央市 越智さん
No.10 八幡浜市 光芳さん
No.11 今治市 赤尾さん
No.12 松山市 田辺さん
No.13 今治市 今川さん
No.14 新居浜市 重松さん
No.15 伊予市 上田さん

2015年10月21日水曜日

子どもたちと企業をつなぐプラットフォーム

最新号ののココロエ愛媛では、働くママ特集を掲載させていただきました。

ママさんでありながら、お仕事を頑張っている6名の方を特集欄で掲載させていただいております。

ココロエ愛媛が愛媛県内の中高生に、45000部配布しているルートを使ってコラボレーションをしたいという企業さんとの想いが合致して、実現した企画です。

読者である中高生からも沢山の反響をいただいております。

ココロエ愛媛を発刊して丸4年、あらためて子どもたちと企業をつなぐプラットファームが出来つつあることを我々スタッフも実感した次第です。


発刊を企画する時に、愛媛県内の教育委員会さんを全て廻らせていただいて、ご理解をいただき、各学校経由配布できるルートを確立できたこと。あの時の苦労が思い出しつつ、そのプラットフォームを使って、中高生にもっともっと伝えていけることがある!

ココロエ愛媛制作委員会だけが考えるのではなく、ご支援いただいている企業さんにも、もっとこのプラットファームを使っていただきたい。そんな想いで一杯です。


ココロエ愛媛制作委員会 ハラ